スパムメールキラー(Spam Mail Killer)で各種の設定をする

スパムメールキラーのアカウント設定

スパムメールキラー スパムメールキラーはよくできたソフトだと感心します。スパムメールキラーは、お使いのコンピュータに常駐させて使用します。

インストールが終了すると、タスクトレイに スパムメールキラー のマークが表示されます。そのマークを右クリックすると、右図のようなメニューが表示されますので、「Spam Mail Killerの管理」をクリックします。

スパムメールキラーを使用する前に、まず、アカウントを登録しなければなりません。

インストール(セットアップ)する際に設定できるようになっていますが、インストール時にアカウントの設定をしなかった方はこちらで設定します。
「設定」→「操作環境の設定」→「アカウントの登録」の順にクリックします。

スパムメールキラー

設定するアカウントの内容は、メールソフトのアカウントをみて設定してください。アカウントは1つだけというわけではなく、スパムメールキラーで管理したいアドレスのアカウントを設定できます。

スパムメールキラーの削除設定

英語のスパムメールを排除するため、削除設定を開きます。上記と同じように、「設定」→「操作環境の設定」→「削除設定」をクリックします。

スパムメールキラー

英語スパムの排除には赤丸のところにチェックを入れます。もし、受け取りたい英語メールがあるなら、「許可リスト」にメールアドレスを記入します。

スパムメールキラーの通知設定

メールがきたときにわかりやすくするため、通知設定を変更します。上記と同じように、「設定」→「操作環境の設定」→「通知設定」をクリックします。

スパムメールキラー

「ポップアップを表示」にチェックを入れます。これにより、メールがくるとポップアップで表示されます。

スパムメールキラー

スパムメールが来たら

スパムメールキラーをインストールしても最初は日本語のスパムメールがきます。スパムメールがきたら、まめに設定しなくてはなりません。

スパムメールキラー

新着ログをクリックすると、メールリストが表示されます。マウスの右クリックでサブメニューを開きます。

サブメニューの下の方に禁止リストに差出人を登録とあります。ドメインごと指定するのか、アカウント単位で設定するのか決めてください。この例では、「jcom」のドメインなので、ドメインごとはできません。

スパムメールキラーをインストールして最初のうちは特に「削除ログ」をみなければなりません。大事なメールが排除されているかもしれません。

大事なメールが削除ログに入ってしまったら、上記と同じようにして、「許可リスト」に登録してください。削除されたメールは、「エディタで開く」にすればみることができます。

スパムメールキラー使用上のポイント

スパムメールキラーを使用する上で必要なことがあります。メールソフト(OutlookExpress)などの受信設定を解除することです。メールソフトで自動で送受信をしてしまうと、スパムメールのフィルターが意味をなさなくなるのです。

スパムメールキラー

OutlookExpressの例ですと、メニューの「ツール」→「オプション」をクリックします。
「起動時にメッセージの送受信を実行する」と「新着メッセージをチェックする」のチェックをはずします。

スパムメールキラー側でスパムメールをチェックして、そのフィルターを通ってきた新着メールは通知されますので、通知されたら、メールソフトの「送受信」のボタンをクリックすればよいのです。

しかし、こちらからメールを送るときにはどうにもなりません。メールの送信をクリックしたタイミングでスパムメールがくると受けざる負えなくなるのです。

この対処には、スパムメールキラーのメニューに「メールの手動チェック」がありますので、それを一度クリックしてから、メールソフトの送信ボタンをクリックするというやり方もあります。

他のページへ

このページの先頭へ

イメージ画像