スパムメール・未承認広告メール

スパムメールは迷惑メールとも言われ、「未承認広告~」と件名に書かれているなら、いいほうで、個人名で「こんばんは」などの件名で送りつけてきます。

ネットでいろいろやっていたら、メールアドレスは売られたらしく、英語のスパムもたくさんくるようになりました。

OutlookExpressの「送信者を禁止する」をクリックしていたら、大事なメールさえもクリックしてしまい、それだけ「禁止された送信者の一覧」から救い出そうとしても、1000以上もある中から探すのは大変です。

最近ではメールアドレス無制限のところも多いので、メルアドを変えて送るのでしょう。「送信者を禁止する」をクリックしても、毎日山のようにきます。

削除済みアイテムに入るのも気に入らないので、削除済みアイテムに入ったものもマメに削除します。なお、Shift+DEL を押すと、削除済みアイテムに入らず削除することができますが、削除すべきメールが多いときは、あまりにも危険です。

売られたと思うメールアドレスは、プロバイダのメールアドレスなので、アドレスを削除するわけにもいきません。アンチウィルスソフトのスパム対策はいまいちなので、友人に紹介されたソフトを入れてみました。

それと、ホームページ・Webサイトに自分のアドレスを入力していると必ず収集されます。そのような場合、メールフォームを使うか、フリーメールアドレスを取得して、そのメルアドをホームページに入力しておきましょう。

スパムメールキラー

スパムメールキラーは、スパムメールのみを駆除するソフトで、メーラー(メールを受信するソフト)ととは別に動きます。そのため、取り扱いには少しコツが入ります。このスパムメールキラーを入れることにより、英語のスパムはめっきり減りました。ただ、英語のメールを受信する可能性のある先生に、英語メール排除の機能は使えません。

日本語のスパムメールは、スパムメールが来るたびに設定しなければなりません。ただ、ドメインごとや、アカウントに数字が入っているものなど指定ができるので、メーラーで受け取るスパムメールは少なくなります。

スパムメールキラーはフリーソフトですので、スパムメールでお困りの先生はスパムメールキラーを入れてみると少し楽になります。ただ完全にスパムメールをシャットダウンできるのではなく、日本語のスパムメールは日に何通かは入ってきます。

 スパムメールキラーのインストール(フリーソフト)

スパムメールキラーは、LZH形式で圧縮されているので、圧縮ソフトが必要です。圧縮ソフトもフリーソフトとしてダウンロードできますので、圧縮ソフトをまだダウンロードしていない方は、こちらからダウンロード、インストールしてから、スパムメールキラーをダウンロードしてください。

また、ダウンロードしたいソフトが決まったら、そのソフトの評価、コメントを読んだほうがいいです。

 ベクターの解凍ソフト一覧

スパムメールキラーは最初の設定が少し面倒です。スパムメールキラーのポイントを書きました。ポイントだけですので、詳しくは付属の注意書き、もしくはソフト中のヘルプをご覧ください。

サンダーバード

サンダーバード(Thunderbird)はメーラーです。モジラ(Mozilla)の製品であり、ブラウザのFirefoxとは兄弟のようなものです。もし、OutlookExpressやMicrosoftOutlookを使い慣れていると、最初は戸惑いますが、スパムメールと思えるメールは、一発で削除することができます。

サンダーバード

件名をクリックして、迷惑メール(赤丸)のボタンをクリックすると、メールの行にゴミ箱マークがつきます。

サンダーバード

「迷惑メールとマークされたメールを削除」のメニューをクリックすると、ゴミ箱に移動します。間違ってゴミ箱にいったものは救い出せますので安心です。使い始めは、大切なメールに迷惑メールのマークがついたりしますが、そのうち学習します。

OutlookExpressやMicrosoftOutlookをお使いの場合、それまでのメール履歴は簡単に移行できますし、サンダーバードのほうが細かく設定できるのです。

フリーソフトなので、下記からダウンロードできます。

 サンダーバードのダウンロード

ちなみに、「Firefox」ブラウザも複数画面(タブ)が表示され、使い勝手は良いです。このタブを使用したのは、「Firefox」が早かったのですが、今はIE7から採用されています。

他のページへ

このページの先頭へ

イメージ画像